会社概要

トミテック株式会社は、

 総合化学メーカーの
株式会社トクヤマと、プラスチック成形メーカーの宮川化成工業株式会社
 共同出資で、1984年(昭和59年) 2月に山口県田布施町に設立されました。

沿革

昭和59年(1984) 2月1日 徳山曹達(現潟gクヤマ)と宮川化成工業鰍フ
            技術の融合化を目指し発足
          9月 自動車内装プラスチック部品の生産開始
昭和63年(1988)   8月 自動車内装部品組立工場増設
平成 2年(1990)  10月 事務所及び組立工場増設
平成 4年(1992)     注射針用ごみ箱(シャープスコンテナ)生産開始
平成 5年(1993)   1月 ガスセンサー部品生産開始(2012)撤退
平成 6年(1994)   11月 家庭用除湿剤生産開始
平成 7年(1995)  10月 イオン交換膜応用品生産開始
平成 9年(1997)  10月 ニューセラミック加工開始
平成10年(1998)     住宅産業向け樹脂建材(土台パッキン)生産開始
平成11年(1999)     浄化槽部品の生産開始
平成12年(2000)   3月 資本金10,000万円に増資
          3月 除湿剤工場新設
         10月 OPPフィルムスリット加工開始
平成13年(2001)   2月 ニューセラミック加工工場新設(2011)撤退
現在          新事業準備中(旧セラミック工場)

同年9月より、マツダ株式会社の自動車内装部品の生産を手始めとし、その後、家庭用除湿剤、
イオン交換膜応用製品など多岐にわたる分野の製品を造り出し、近年には食品包装材に使用する
ポリプロピレンフィルムのスリット加工をスタートさせるなど、次々に新しい事業を立ち上げてきました。

技術力と提案力をもとに " 良いモノを安く早く造る " ことをモットーとし、構内にプラスチック成形工場、
除湿剤工場、OPPフィルムスリット工場、管状イオン交換膜工場等を有し、
多方面分野の受託加工企業として展開中です。